websatou photo life

いつもカメラ(Tough TG-5、HUAWEI P9)を持ち歩いて生活の景色を撮ってはのせている日記です(12年目!)

スポンサーリンク

なんかつまらない

カメラに関する仕事からは離れたのですが
元々好きなので新製品とかの話題は時々チェックしています


一歩離れて見ると、薄型大型画面デジカメなんて
みんなおんなじにしか見えないですね。
作る側の人にすれば、差別化を当然はかっているんでしょうが
ポリシーが無さ過ぎて、いいなぁと思う物は皆無でした


デジタルになって画素数とか歴然とスペックが数値化されて
選びやすくなったかと思いきや
売る方もお客さんも数字に走りすぎて
大切な所が見えなくなっちゃった
もう完全にパソコンの周辺機器ですね。


中身的にも電子ユニットの塊で
精度を出すのが難しいレンズ周りも
ロボット生産のユニット品になっているから
人間はただつなげるだけなんですよね。


デザインや色は綺麗なんだけど
流行やリサーチに媚びすぎてて
さわってても作ってる(設計、企画、製造)人の
顔が全く見えない。


人間がちゃんと考えて作ってて
熟練工じゃないと組めないような商品って
もうほんとに僅かしかありません
大手で思い当たるのはミノルタのTC-1ですか。


時代の流れで使命を終えたとでも云うのでしょうか
デジタルも含めカメラや写真っていう物は
無くならないんだろうけど
その価値が衰退して行くと思います。

スポンサーリンク