websatou photo life

いつもカメラ(Tough TG-5、HUAWEI P9)を持ち歩いて生活の景色を撮ってはのせている日記です(12年目!)

スポンサーリンク

ただのいぬ

久しぶりに書店に行き
立ち読みで流してみただけなのですが
保健所にて殺処分される犬や猫の写真と文の本です。


どうぶつたちへのレクイエム 児玉小枝著:日本出版社

どうぶつたちへのレクイエム

どうぶつたちへのレクイエム

以前、同じ題材を扱った写真集を買いました


ただのいぬ 写真/服部貴康 詩/小山奈々子:ピエ・ブックス

ただのいぬ。

ただのいぬ。

こちらは、詩がそえてある写真集です
表現が抽象的な分、意味が伝わる人には
インパクトが強い本だと思いました。


野生動物、保護区、動物園なんて物がある時点で
人間都合で全てが仕切られた世界なのですから
人間都合に合わない動物や生き物は駆除されるのでしょう
雑草をむしる事の遠い延長にある事象だと思います。


ただ、かげがえのない家族として人間以外の生き物と
暮らしたり付き合っている人には
目をそらしてはいけない事だとも思います。


自分の生活や都合が変わっただけで
親や子供は普通殺さないし、法律で罰せられるけど
犬や猫達を「保健所に殺してもらう」ことは法律で禁じられていないし
実際殺されていて、この違いは何なのでしょうか?


でも自分は動物の肉も食べる
鯨はおいしいし、水族館で鯨をみて感動もする
こうなると混乱してくるけど
全ては人間のみの頭の中で起きている混乱。


この本はいつまでも古本屋には売りません。

スポンサーリンク