websatou photo life

いつもカメラ(Tough TG-5、HUAWEI P9)を持ち歩いて生活の景色を撮ってはのせている日記です(12年目!)

スポンサーリンク

研ぎ

基本的な手道具は一通り使いました
刃物は使うと当然切れ味が悪くなってくるので
砥石を使って刃物を研ぎます。


最近はカッターナイフをはじめ
使い捨ての刃物で溢れていますので
刃を研ぐという事にピントこない人もいるんじゃないでしょうか
実際、自分もちゃんと研ぎをやるのは初めてでした。


始めは中砥(800〜1000番)で形を出して
仕上げ砥(6000番)で合わせを出します(研ぎ上げる)。


(切削粒子の細かさを〜番という番手で表します
これは1インチの中にどれたけ粒子があるかという事)


基本は砥石の上を刃物をぶらさずに真直ぐ引きます
腕の動かし方が悪いと、すくう様な動きになるので
刃物の面は丸くなります


刃が丸いと刃先が材に付く前に丸みを帯びたお腹が材に
触れてしまうので切れなくなってしまう。


研ぎが刃物の切れ味=作業のしやすさ=製品の出来をきめるので
大事な作業、「魂を込めて」研ぐようにと教えられました。


研ぎも練習用するために自宅用を購入。

スポンサーリンク