websatou photo life

いつもカメラ(Tough TG-5、HUAWEI P9)を持ち歩いて生活の景色を撮ってはのせている日記です(12年目!)

スポンサーリンク

適材適色

朝から晴れ、風強し、湿度低め
休みの日にしては早く目が覚めたので
今日は塗装をしました。


以前チーク色に試し塗りしたら
導管が黒く浮き出てしまい
どう塗るか迷っていたタモの箱物は
クリアコートのみで仕上げたところ
タモの木目が「しつこくない程度」に
浮き立ってきてくれました


チーク色のオイルは
白めのクルミのトレイに塗装したとろ
丁度よい風合いに。


クルミは木目のあまり明瞭でない「散孔材」
タモは木目のはっきりとした「環孔材」


こういうところで着色する色も
決めなくてはいけないんだな、と納得。


今回使用した塗料はすべて
ドイツ製のオスモカラーです
無公害、植物油ベースの塗料なので
溶剤のいやな匂いもしないし
手についた時のいやな感触もありません。


値段が高い印象がありましたが
思いの外良くのびるのでさほど割高でもなさそうです。


堅めの刷毛ですり込むように塗布して
30分後に布で拭きます
簡単な割に仕上がりも落ち着いていて
色むらも起きにくいようなので
ステインやカラーニスで失敗した人にもお勧めです。


但しニスのような艶と保護面の硬度はありません
最近はウレタンつやつやテカテカより
傷つきやすくてもオイル仕上げの方が人気があるようなので
オスモカラーは丁度日本の流行に乗れたんでしょうね。

スポンサーリンク