websatou photo life

いつもカメラ(HUAWEI Mate20pro、Lumix GF9)を持ち歩いて生活の景色を撮ってはのせている日記です。

スポンサーリンク

台湾とHuaweiP20のスマホ写真と 水曜日

今回の台湾旅行では
HuaweiP20でどんな絵が撮れるかというのも楽しみでした。 

フォーマットやレンズも写真のデキを決める要素ですが
"身軽"というのも大切なヨウソの一つだと思うのです。

 

f:id:agincyu:20181116214753j:plain

夜景モード 4秒露光

 

夜景モードで明暗飛ばさず

寺院に覆いかぶさるような高層アパート
景観も都市計画もなんもなさそうな乱暴な景色も
街のチカラが漲っているようで嫌いじゃないです。 

P20シリーズの一番のウリ"夜景モード"手持ちで4秒露光しています
背景のアパートと相当な明暗差があるのですが
軒にかかる提灯も階調も飛ばず。

 

f:id:agincyu:20181116214801j:plain

ワイドアパーチャモード

 

"ボケない"スマホ写真をワイドアパーチャモードでボカす

これもデュアルレンズモデル独自の"ワイドアパーチャモード"
絞り値F0.95がエミュレートできる事と
撮影後にピントの合う範囲を設定ができます。

前景の線香が細いのでかなり難しい絵
後から参拝者にピントを合わせましたが
混ざる事なくそこそこ分離してますね。

 

f:id:agincyu:20181116221939j:plain

Jpeg オート

 

迷ったらAI任せもありかも

これはAIオート、全自動です
これも明暗差があって小さいセンサーのカメラは苦手なんですが
マルチスポットで測ったように丁度良い露出で決めてくれました。 

細かい彫り物までよく写ってます
極小センサーには欠かせない輪郭強調も
イヤラしくならない程度にかけてるのが上手いです
Rawでヘタにいじるより任せた方が良い結果になるかもしれません。

 

"メモ"るように写そう

本当はファインダーをのぞいて、絞り環と
シャッターダイアルを廻し撮影するのが好きですが
寺院でも市場でも路地でも
ポケットから取り出してモニターをタッチして
メモでも取るように撮影ができるのも楽しいです。 

そうそう、中華電信の店にはP20Proの広告がでてました
キャリアモデルなんですかね?

 

 

スポンサーリンク