websatou photo life

いつもカメラ(HUAWEI P20、Tough TG-5)を持ち歩いて生活の景色を撮ってはのせている日記です。

スポンサーリンク

山下公園とHUAWEI P20 Raw 金曜日 はれ

旅券の申請に山下公園の側のパスポートセンターへ
幼稚園の遠足からなじみの山下公園にくるのも久しぶり
氷川丸とマリンタワーは経営元が変わったりしましたが
このあたりの雰囲気は30年経っても変わりませんね
あーおちつく。

 

f:id:agincyu:20180720183258j:plain

Photo :Huawei P20 / Raw

 

P20無印で風景写真ははじめて撮影しましたが
おぉすごい
P9から比べるとセンサーサイズが一段大きくなったような絵に見えます。

波模様とふ頭ビルのディテールが
高画素機で撮影したような仕上がりなんですが
拡大して見るとなぜかそこまで解像してないそれなりの絵
フジのカメラも同じ印象でしたが
画像全体で結果が出るよう調整しているんでしょうか。

Rawデータの色味に関してはP9からの変化がありすぎて
まだ慣れてないんですがAIJpegの色味を再現するには
相当極端な味付けをしないとイケナイので
イメージ重視のビビットな絵が欲しい時は素直にAIに任せます。

この抜けきらないんだけど味のある色味..
GRの発色っぽいなぁと思います、いいですね嫌いじゃないです。 

 

 

クラピアの白絹病とか P20のRaw傾向とか 月曜日

エアレーション、マグァンプ の置肥が効いたのか
今年の庭のクラピアは結構元気
花も一気に咲かせ、蝶やらミツバチやら来るようになりました。 

白絹病は一部にフワフワと菌糸を見かけたのですが
もう丸裸にする気力もないので放置(他に感染します)
5月末にモンカットフロアブル40を1000倍希釈で散布
その後大人しくしている様子
"ムレ"も原因なのでマキタのバリカンでさっぱりと刈っておきました。 

 

f:id:agincyu:20180715140836j:plain

Photo :Huawei P20 / Raw

 

さて、P20のプロモードですがP9になかった
Rawデータの傾向が見えてきました、かなり周辺光量落ちがでかい。 

1枚目がRaw、2枚目が同時記録されるJpeg
周辺が落ちてる方が雰囲気があっていいんですが
そればっかの写真になってしまうしね
これだけ小さいレンズなんだからこれは正直な所なんでしょう
実は湾曲も魚眼並みなのを補正してるんだと思います。

 

f:id:agincyu:20180715140831j:plain

Photo :Huawei P20 / jpeg

 

AIのJpegが素晴らしすぎてもうJpegオンリーでいいかな?なんて思いましたが 
全体のイメージ優先で時としてAIは盛大に端折ってきます
Rawでハイライトを落として見ると
小さいクラピアの花も一輪一輪ちゃんとディテールを保持してて
この辺はモノクロセンサーの恩恵で階調がでています。

Rawデータのいじり方次第でおぉっという絵が出てくる
スマホのカメラのデータでこれだけ遊べるなんて
さすがダブルセンサー、というトロコでしょうか。

 

 

スポンサーリンク