websatou photo life

いつもカメラ(Tough TG-5、HUAWEI P9)を持ち歩いて生活の景色を撮ってはのせている日記です(12年目!)

スポンサーリンク

日本家屋-2

厚木の岸邸根岸の柳下邸
はじめての訪問でもつい居心地がよくてものすご〜く長居してしまいます
なんでこんなに落ち着くのか?
現代の家(こんな表現もはずかしい)にくらべ圧倒的に照明が少ない

でも家って人間の「巣穴」ですからこんなもんでいいんじゃないかな?と思う
そういえばよく田舎のおばぁちゃんに本を読んでいると
「暗いから縁側へいきなさいっ」ていわれたっけ。



Photo : OLYMPUS E-410

あとはやっぱり自然素材ですかね?
土壁、畳、板間、顔に見える木目の天井

さて、今自分は住まいにかかわる仕事をしているので
これから動き回り、長い時間を家で過ごす息子に
どれだけ良い環境を与えてあげられるか、と考えています。

化学素材も確かに合理的で機能に優れてますが
綺麗な白や木目に印刷された中で過ごす事が
心に与える影響は?とも思います。

そんななか、小さい頃体験した日本家屋の中で過ごした時間が
大きなヒントになると思うのです。

スポンサーリンク